読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏・吉井和哉対談③】煩悩とロックの関係について語る

生き方 生き方-恋愛

f:id:motsurima:20161203181725j:plain

miwa.hatenadiary.com

 ※この記事は上の記事の続きです。

(吉井)僕は、この年になってもすぐ人を好きになってしまうんですね

(美輪)うん。芸術家ってみんなそうじゃないの

(吉井)良いんですかね、これで?

(美輪)いや、好きになっても良いけれどブレーキをどう引くか、引かないかよ

 

(吉井)ハハハ

(美輪)だから最近の方は、みんなブレーキが無い車なのよ、最初から

(吉井)ハハハ、僕若い時の方がブレーキうまく使えたと思うんですけどもね

(美輪)芸術家って言うのは、藤十郎じゃないけど、いろんな人を愛する、そういうキャパを持ってなきゃいけないんですよ。キャパシティをね

(吉井)うん

(美輪)ただ、それにのめり込んだり、振り回されたりっていうのは若いうちは良いけど、もう30過ぎたらばかばかしいから。またね、それだけの値打ちのある人ってそうそういるもんじゃないの

(吉井)そうですね

 

 

(吉井)今回アルバムが出るんですけど、自分の煩悩をテーマにしたアルバムなんですね

(美輪)108つ!

(吉井)ちょっと美輪さんに、ご伝授していただきたいなと思って。煩悩のかわし方を

(美輪)いや、だってアーティストで煩悩が無い人ってアーティストの資格ないもの

(吉井)はい。美輪さん煩悩は?

(美輪)わたくし?私は解脱しちゃったのかな?

(吉井)ハハハッ。

 吉井和哉が考えるロック

(吉井)美輪さん、ロックお嫌いじゃないですか?

(美輪)私はロック全部が嫌いってわけじゃなくて

(吉井)あーはい

(美輪)ただ騒ぎ立てて、どうすればこれ以上騒がしくできるだろうかってやってるポリシーの無いロックは嫌いだけど。例えばあなたのところだってサウンドが綺麗でしょう?詞がロマンティックで深いでしょう?だから全部条件がそろっているロックだったら、わたくしは大好きなの。で、吉井さんが思うロックっていうのはどんなの?

(吉井)僕が思うロック?

(美輪)うん

(吉井)煩悩がビートに乗っていくのがロックだと思うんです

(美輪)うん。ロックって言うのは生き様よ

(吉井)うーん、そうですね

(美輪)存在そのものがロックって言うのがね。本当のロックだと思うし。そうお思いにならない?

(吉井)ハイ。生き様を大事にします

(美輪)フッフッフッフ。楽しみにしてる

(吉井)はい、ありがとうございます(終)

 

フジテレビ『僕らの音楽』2006年10月6日放送

 

初めから読みたい方は次の記事が対談の最初になります。

miwa.hatenadiary.com

この記事を気に入った方におすすめのエントリー

 吉井和哉さんは、すぐ人を好きになってしまうとのことです。色欲は煩悩の代表ですね。この色欲、恋愛について美輪さんが語っている記事は以下の通りです。

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

 一方美輪さんは、煩悩とは無縁のストイックな生活をしているみたいです。美輪さんのストイックな生活が知りたい方は次の記事から。

miwa.hatenadiary.com

スポンサーリンク