読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

政治-戦争

【美輪明宏】石破元防衛大臣の徴兵制容認発言について

先週から始まりましたロマンティック音楽会。渋谷のパルコ劇場でやってるんです。 私がずーっと封印していた、歌わないでいた歌がありまして、それは『悪魔』というタイトルの歌なんです。

【美輪明宏】アメリカのご機嫌をとる日本の政治家たちについて(特定秘密保護法)

今日は特定秘密保護法についてお話させていただきたいと思います。まぁ去年、急ぐ、急ぐ。なんであんなに大慌てで急いで可決されなきゃならないんだろうと思って。大騒動になりましたですけどね。

【美輪明宏】韓国や中国に非難されても仕方ない日本人の歴史認識・歴史教育

今日は日本の歴史教育についてお話させていただきたいと思います。最近、政府が高校での日本史の必修化を検討しているそうでございます。 現在、日本史は選択科目で必修科目じゃないんですね。これに私は驚いたんです。私たちの時代は、全部必修科目に入って…

【美輪明宏】国を滅ぼす過剰なナショナリズムについて

今日は、今、話題になっておりますナショナリズムについて、お話させていただきます。ナショナリズムって言うと、お若い方はお分かりにならない方もいらっしゃるかもしれませんが、民族主義ですよね。 結局、国を亡ぼすのは、過剰な愛国心。これが身を滅ぼす…

【美輪明宏】憲法改正で、自民党の政治家と支持者に責任を問う

ごきげんよう。美輪明宏がお送りいたします『薔薇色の日曜日』の時間でございます。(2015年5月3日放送) さてさて、今日5月3日は憲法記念日でございます。そこで憲法をテーマにお話させていただきたいと思います。 もう長い間、憲法や憲法改正についていろ…

美輪さん、戦後70年の安部談話について語る

わたしも、この間、故郷の長崎で、瀬戸内寂聴さんとトークショーをやりまして、瀬戸内さんの展覧会、これが主な目的だったんですけども、瀬戸内さんがどうしても私を、っていうことでご指名を受けたんで、それで長崎まで行きました。

美輪さん、戦争について語り始めた方たちについて語る

今年は戦後70年ということで戦争にまつわる話をたくさんしました。また、大勢の方たちが、テレビなんか見ておりますと、今まで一切口をつぐんで話したくない、フラッシュバックするんですね、戦争中のことがね。

【美輪明宏】オバマ大統領の広島訪問について語る

今日はオバマ大統領の広島訪問についてちょっとお話させていただきます。 先月5月27日の訪問から1か月たちましてね。で、わたくし前から思ってたんですが、大統領だとか、大臣であるとか、首相であるとか、総理であるとかね。そういう風なものをつけて呼ぶの…

【美輪明宏】テレビ番組の企画で横井庄一さんと対面させられた時の様子を語る

終戦後でしたけど、グアム島で何年も終戦を知らずに生き残って何年も知らずにジャングルの中で生きてた方、横井庄一さんっていうグアム島の生き残りの人。この人と私、よその局ですけども、テレビで会ったんですよね。対面させられたんですよ、局側に。

【美輪明宏】大本営発表の嘘と三笠宮様の功績について語る

映画『追憶』は太平洋戦争の激戦地だったパラオ共和国ペリリュー島を舞台にしたドキュメンタリー映画でございます。関東では恵比寿の東京都写真美術館ホールで上映中でございます。また12月3日から千葉県の千葉劇場でも上映されます。

【美輪明宏】映画『追憶』のオファーを受けた理由について語る

今日は先日もお話をさせていただきました、わたくしがナレーションを担当した映画でございまして『追憶』というタイトルの映画についてお話させていただきたいと思います。

【美輪明宏】日本で戦争が起こったらどうなるかについて語る

(『美輪さん、戦争の悲惨さについて語る』の続き) 今度も選挙で与党が滅茶苦茶な勝ち方しましたでしょ。まぁわたくしはそうなるだろうと言ってたら、その通りになりましたよ。だからきっと与党に勝たせた人は、法律も改正して、軍隊を作って、ひいてはだか…

【美輪明宏】戦争の悲惨さについて語る

今日は戦争についてお話させていただきますけど、私はもう『戦争と平和』という本も出しておりますし、わたくしの自叙伝の『紫の履歴書』に原爆のくだりから、戦争のいろいろの不合理、不条理な話とかね。もう腹が立つようなこととかね。軍国主義、そういっ…

【美輪明宏】映画『追憶』と戦争について語る

私事で恐縮ではございますが、わたくしがナレーションを担当いたしました『追憶』という映画が公開中でございます。 追憶 2016年11月5日公開

スポンサーリンク