読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏】きゃりーぱみゅぱみゅ、年を取るほど派手な服が着られなくなる。どうすればいいの?

芸術 芸術-ファッション

f:id:motsurima:20170103054540j:plain

この記事は2017年1月1日放送のTBSラジオ美輪明宏 愛の手引書2017』の書き起こしの第4回の記事です。第3回の記事は次のリンクから読めます。

きゃりーぱみゅぱみゅが最近の原宿に元気がないと感じる理由

(美輪)→美輪明宏、(きゃりー)→きゃりーぱみゅぱみゅ、(アナ)安東弘樹アナウンサーを指します。

 

(アナ)きゃりーぱみゅぱみゅさんで『原宿いやほい』をお届けしました。

 

原宿いやほい

原宿いやほい

 

(美輪)楽しいですねぇ。

(きゃりー)ふふふ…

(アナ)本当にそうですね。

(美輪)にぎやかで楽しいけど、やかましくないの

(アナ)それがポイントですね

(きゃりー)うれしいです。

 

(美輪)よく他のアーティストの曲聴くんですけど、にぎやかって言うよりやかましいものの方が多いのね。「じゃかしい!」っていうようなね…

(アナ)美輪さんの言葉がだんだん荒くなってきましたね。では、美輪さんときゃりーさんのお話を伺っていますが、今度はスペシャル企画にいきたいと思います。それではおねがいします。

 

(きゃりー)きゃりーの教えて美輪さーん!

(美輪)やだよー

(きゃりー)(笑)

(アナ)この嫌だっていうのは、愛情の裏返しです。分かっていると思いますが。実は収録前にきゃりーさんに番組からのアンケートにお答えいただきました。その中から美輪さんに聞いていただきたい、相談したいという悩みをご紹介いたします。では僭越ながら私の方から、きゃりーさんの悩みその1

わたしが美輪さんに相談したいことは、年齢を重ねつに連れて着る服が変化することについてです。今年で24歳になるんですが、少しずつ派手でカラフルな私服が着にくくなっています。そういったことに関して美輪さんはどうお考えですか?

(美輪)フフフ…それはあべこべですよ。

(きゃりー・アナ)あべこべ!?

(美輪)年を重ねるごとに、肌もくすんでくるし、人生を知ってくると所帯臭くなってくるわけ。目に見えないオーラみたいなものに生活感が出てくるでしょう?

(きゃりー)はい。

(美輪)だから、その生活感とは逆の方向へ行った方が良いのね。

(きゃりー)ふーん

(美輪)というのは、アクセサリーや宝石なんかも、本物のゴージャスな宝石を若くてつける人がいるけれど、そうするとtoo muchになるのね。オーバーになるの。だからとっても違和感が出てくるの。暑苦しい。若いというだけで宝石なんだから。

(アナ)ふむ

(美輪)だから若い時にはせいぜい安い宝石やアクセサリーなんかでいいんで、余計な宝石をつけること無い。それと同じことで、年をとればとるほど、明るい色で派手派手にした方が周りも楽しいし本人も楽しい。

(きゃりー)はい

(美輪)だからどんどん派手に!私をごらんなさいよ。

(きゃりー)(笑)

(美輪)81歳でこうなんだもの。

(きゃりー)すごく気になることがあるんですけど、普段明るい服とかを着て歩くと、すぐ「あっ!きゃりーだ!」とか言われて、囲まれたりすることがあるんですけど…

(美輪)分かる

(きゃりー)美輪さんはどうやって私生活を過ごしてるんですか?

(美輪)私は瀬戸内寂聴さんに言われるんだけど、「あなたのほうがよっぽど尼さんや坊さんみたいな生活ね」ってよく言われるの。

(きゃりー)ほぉー

(美輪)遊びにまず行かないし、お酒も一切飲まないでしょ?

(きゃりー)そうなんですね

(美輪)だから例えば地方公演に行っても、ホテルと劇場を行ったり来たりするだけなの。

(きゃりー)えっ!それはなぜ外へ行ったりしないんですか?

(美輪)若いころやりすぎたから、もうどこへも興味ないの。

(アナ)説得力あるなー

(きゃりー)なるほど

(美輪)美味しいものは山ほど食べたでしょう。だからそんなに美味しいものって言ったって嬉しくないし、だいたい一流ホテルって言うところは、一流ホテルってことであぐらをかいて、サンドイッチなんて、戦前のまんまのサンドイッチを出すでしょう?コンビニの方がよっぽど研究してるわよ。

(きゃりー)確かに

(美輪)コンビニの食べ物のほうが大好き。

(きゃりー)へぇー食べられるんですか。

(美輪)私生活もいろんな人たちと遊んだりとか、いろんな人たちとお付き合いしたりとか一切しない。お芝居でも打ち上げのパーティとか一切やらない。

(アナ)ご自身の舞台でもやらないということですね。

(美輪)だから初日祝い、中日祝い、千秋楽。昔はやってたんですよ。家も開放して。だけどそうするとやっぱり、親しい以上になろうとして、ハメを外してくる人がいるの。そうするとうまい時にはいいけど、うまくいっていないときには近親憎悪じゃないけど…

(きゃりー)そうですね。

(美輪)仕事に響いてくるでしょ?だから私はそれもやらない。人と付き合うのも腹6分から、多くて腹8分。

(アナ)距離感を保って…

(美輪)良い距離感を保っていければいいけど。だから生活全体がそう。こんなのでいい?

(きゃりー)フフフ…。

(アナ)どうですか?

(きゃりー)プライベートなことは凄く気になってたんで、ありがとうございます。

(美輪)皆さんそうらしいの?

(きゃりー)へー

(アナ)さらっとおっしゃいましたけど、コンビニにご自身で買いに行くわけじゃないんですよね。

(美輪)いえ、自分で買いに行くの。

(アナ)ご自身でサンドイッチをコンビニに買いに行くわけですか?

(美輪)別にいいでしょ?

(アナ)もちろんです。なんにも悪いことは無いです。

(きゃりー)(笑)

(美輪)万引きするわけじゃないんだから…

(アナ)ちょっと驚いただけです。

(美輪・きゃりー)(笑)

(アナ)さぁ、美輪さんときゃりーさんのスペシャル対談。このあとも美輪さんにきゃりーさんからの質問にお答えいただきます。(CMへ)

 続きは次のリンクから読めます。

miwa.hatenadiary.com

TBSラジオ美輪明宏 愛の手引書2017』2017年1月1日放送分より

この記事を気に入った方におすすめのエントリー

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

スポンサーリンク