読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏】いじめの加害者を庇う社会について語る

f:id:motsurima:20161219055354j:plain

いじめを無くすにはどうしたらいいか?まず、いじめという言葉から無くしましょう。

 

つまりいじめの本質を表す表現にした方がいい。どうも言葉でごまかしている部分が社会にあるんですね。

 

たとえば万引きもそうですね。万引きというと、「たかが万引きぐらいいいじゃないか」っていう軽いニュアンスがあるんですね。その実態は何かというと泥棒なんですね。窃盗なんですよ。だから、それをそのまま表す言葉で、窃盗とか、泥棒と言った方がいいです。

 

 

「あの人、万引きしたんですって」って言いますと、ちょっと軽い感じがしますでしょう。でも「あの人、泥棒ですってよ」、「泥棒したんだって」って言われるとぎょっとしますでしょう。だれでも泥棒とは呼ばれたくないですから。

 

ですから、なるべく万引きとは言わずに泥棒と言ってください。あるいは窃盗と言ってください。そうすると精神的な抑止力になるんですね。

 

それと同じようにいじめというのは、暴行、傷害、自殺教唆、殺人ですから。その他にも(罪状は)いっぱいあるだろうけど。

 

しかも日本の不思議なところは、みんなが寄ってたかって加害者の見方をするんですよ。それで被害者の名前も病歴も情報がみんな出るのに、加害者側の育て損ないの親とかは一切かばわれて情報が出ない。そして、親が有力者やなんかで、学校に対して力があると守られる。

 

また人権屋さんという似非ヒューマニストたちが、「罪を憎んで人を憎まず」で、加害者をかばいましょうって言うんですね。じゃあ、殺された人の人権はどうなるんですか?そういう人たちが暴力を助長させてるんです。

 

ですから、中学生とか未成年とか、こういう言葉もやめていただきたいの。わたくしは渋谷の交差点で一度、恐ろしいことを聞いたんですけど、後ろで中学生か高校生ぐらいが、「一人殺るも二人殺るも同じなんだよ。未成年は死刑になんないんだからやっちまえ」って。「少年院に行っても、1,2年いい子にしてれば、情状酌量で出てこられるんだから。出たらまたやればいいんだから」。そういうことを、大きな声で話してるんですよ。

 

私が睨みつけてやったら「おお、おっかねぇ」なんて言って笑ってるんですよ。それが少年って言えるんですか?

 

みんな法律も司法関係も行政も、政治家も、それから似非ヒューマニストの団体、つまり良い人ぶってる人たち。そういう人たちが日本を犯罪天国にしてるんですよ。

 

ですから未成年も少年も、みんな死刑はありますよ。で、やらなきゃいいんですからね。ですが、あるということにしておかないと、これはブレーキが外れた車ですから暴走しますよ。その辺はもうちょっと真剣に考えないといけませんね。

 

それから先生とか教育委員会とか、みんな自分たちを守るための、事なかれ主義の臆病者です。ヘタレですね。こういった連中は、徹底的に焼き直さなきゃダメです。

TBSラジオ『薔薇色の日曜日』2013年放送分より

 

まとめ

 いじめの加害者や、それを守ろうとする親、教育機関、行政に対しては強い態度で臨むべきというのが美輪さん意見のようです。

 確かに、いじめ問題が発覚に挙がるたびに、学校や教育委員会はがいじめの存在を否定する姿は、昔からよく見られます。そのたびに批判を受けるのですが、こういった学校側のいじめを隠ぺいしようとする体制は、今も全く変わっていないような気がします。美輪さんの言う通り、今よりももっと強く批判しなければ、教育現場の体質は、いつまでも変わらないのかもしれませんね。

 

この記事の気に入った方におすすめのエントリー

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

 

スポンサーリンク