読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏】お墓参りのメリットについて語る

季節 季節-行事

f:id:motsurima:20170316013046p:plain

さてさて、もうすぐお盆の時期でございますね。ラジオをお聞きの皆様もぜひ里帰りをして、お墓参りをしていただきたいと思います。

 

「先祖供養をするとどんな良いことがあるんですか?」ってよく聞かれるんですけど、何か歌がありましたね。「私はお墓には住んでいません」とか、風がどうとかこうとか。それで「あちこちさまよっています」だとか「風になってあなたを守る」だとか。まぁ、それはそうなんですけどね。

 

 

お墓に住み着いてるわけじゃないんです。あそこは霊界の受付なんですよ。ですけど、お墓の時期になると、受付のところが一斉に「開門!」って言ってお店開きみたいになっちゃうんですね。

 

どなたも来ないと、やっぱり霊も隣近所に顔が立たないんですね。ちょっと恥ずかしい思いをして、しょんぼりしちゃって、「うわぁ、ウチは誰も着てくれない」っていうんで。だからなるべく大勢で行った方が顔も立つし、そして喜びますからね。

 

これは古来からの、例えば一家バラバラになってみんなお嫁さんに行ったり、嫁貰ったり、また地方へ行ってしまったりとか、一家中バラバラになっているのが、親子、そして孫、そういう人たちも揃っていきますでしょう?そうするとみんなのコミュニケートが図れるんですよ。

 

そうすると今度はご先祖やお墓の中の人たちも喜ぶし、またいつまでも守ってるからねって、そしたら親御さんもお参りが済んだ後、「ここにはおじいちゃん、おばあちゃんが入ってて、今日はみんなお参りに来たけれども、お父さんも私も墓の中に入るんだけど、そうしたら今日みたいに、あなたたちも今度は子供や孫を連れて会いに来てちょうだいね。私たちいつまでも守っててあげますからね」って、お墓で言うんですよ。そうすると、それが立派なコミュニケートになるから。

 

普段言えないことでも、お墓とかご先祖様とか墓参りとかを利用しながら、普段照れくさくて言えないことをそうやって言うでしょ?そうすると、この人はちゃんと自分のことを思ってくれるんだ、と思うと孤独感にさいなまれなくて済むんです。

 

孤独感にさいなまれたら、今度はお墓参りに来て、いろいろ愚痴をこぼしたり、お話したりして。だからお墓って言うのは色んな意味で、家族の精神的なものを補助する。そういう役目があるんですよね。

 

ですから是非ご利用なさってください。決して悪いことはありませんし、そしてそれにまつわる色んなことも、私が本を出してますんで、そちらをお読みください。『霊ナァンテコワクナイヨー』ってタイトルの本にそういうことが詳しく書いておりますから。そちらをお読みくださいませ。

 

霊ナァンテコワクナイヨー

霊ナァンテコワクナイヨー

 

 

 

TBSラジオ美輪明宏 薔薇色の日曜日」2015年8月2日放送分より

この記事を気に入った方におすすめのエントリー

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

 

スポンサーリンク