読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏】天から与えられた使命について森岡賢に語る

f:id:motsurima:20161130174820j:plain

これはSOFT BALLETの森岡賢と美輪明宏の対談を書き起こした記事の第2回です。第1回は次のリンクから読めます。

【美輪明宏】フランス人だった前世の記憶について森岡賢に語る - 美輪明宏ラジオの名言

森岡→森岡賢、美輪→美輪明宏の略です。

 

森岡 美輪さんの曲を聴くと勇気づけられるものがあって、自分の持っている感性みたいなものに自信がつけられるところがあって、非常に……良い…と思います(笑)

美輪 (笑)いや、そういう森岡さんみたいな受け取り方してくれると、すごくうれしいの。というのは歌の才能とか曲を作る才能とかを授かったってことは、結局使命だと思うのね、天からの。

森岡 ふーむ

 

美輪 それでその使命をどうするのかっていうと、ただ趣味っで歌うって言う、それでいいでしょうけど、私の場合は人を慰めたり、力づけたり、勇気を起こさせたり、そういう目的で芝居もやり、歌もやり、作詞・作曲もやってるわけね。

森岡 はい

美輪 だからよく「美輪さんのコンサート聞いたら生きる勇気が湧いてきました」って言う人が多いわけよ。それがまず嬉しいんで、それが目的でやってるって感じよ。自分の波動を送って、その人の持っているエネルギーに直結して充電させて。よく車のバッテリーを充電するじゃない?他の車から。

森岡 えぇ

美輪 私は他の車で、充電してあげてね…

森岡 (笑)

外国人にも通じる愛

美輪 エンジンがかかって走り出してくれれば良いと思うわけ。だからそういうつもりですべての歌を私は歌っているわけですよ。それがやっぱりパリでもドイツでもスペインでも、日本語で歌っているんだけど、あれだけ15分間もスタンディングオベーションが起きる理由なんだと思いますね。みんな総立ちでね。やっぱりそういう愛をあげましょうってことよね。

森岡 はい

美輪 『黒蜥蜴』を今年2月に22年ぶりに再演したんだけど、それをもう一度来年の2月に再演するんだけど、その時も芝居が終わった後、アンコールで私たちが出てきたらお客さんたちが泣けたって言うのね。あれは何なんでしょう?って言われたのね。それは愛ですって。

森岡 うーん

森岡 ここへ来てくれて、切符(チケット)を買ってくれてどうもありがとうって。愛でもって、ふわーってきてるお客さんに心から愛をあげるでしょ?そうするとそれが伝わるのよ。

森岡 ふふふっ。美輪さんのリサイタルが毎年行われるリサイタルで、今年が8回目で9月21日から31日まで東京渋谷パルコ劇場にて行われます。

美輪 初めてよ。宣伝するのは。宣伝するとあっという間に切符(チケット)が無くなっちゃうから。

森岡 SOFT BALLETのファンも美輪さんのことを尊敬している方が多いと思うので…

美輪 そう?

森岡 チケットはまだありますよね?

美輪 ありますよ。

森岡 今年はエディット・ピアフの没後30周年ということで2部はすべてピアノの曲でやる…

美輪 そうそう、私のコンサートでときどき終わった後に女の子なんかに聞かれるの。「あのSOFT BALLETの森岡さんとレコードをお出しになるんですって?」って。どっから聞いたんだろうと思って。あなた、なんかで喋った?

森岡 しゃべりました(笑)今作っているって言う風に…

美輪 ラジオかなんかで?

森岡 雑誌かなんかですかね。

美輪 どこの雑誌か知らないけど…時々聞かれる!

森岡 あっ、そうですか(笑)

美輪 若い女の子に…

(第4回・最終回につづく)

この続きは次のリンクから読めます。

miwa.hatenadiary.com

 この記事を気に入った方におすすめのエントリー

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

スポンサーリンク