読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏】江原啓之「絶対に揺るがない信念はどうやったらできるのか?」について聞く

f:id:motsurima:20170205234452j:plain

この記事は2011年10月9日にTBS系列で放送されたテレビ番組『ホンネ日和』の対談について書かれた第2回目の記事です。第1回の記事は次のリンクからどうぞ。

【美輪明宏】江原啓之が『オーラの泉』で隠していた本音について語る - 美輪明宏ラジオの名言

美輪は美輪明宏、江原は江原啓之、ナレはナレーションを表しています。

 

ここで江原さんは自分が直面するトラブルについて口に出します。それは週刊誌などで揶揄され、その度世間を騒がせた度重なるバッシング。

 

 

江原 今見ると自分のことは描かれてないにしても、こんなくだらないことをよく書くな。大人の雑誌がと思ったりしますよね。

美輪 週刊誌って言うのは良いことを書いてたんじゃ商売になんないの。誰も読まないの。

江原 本当そうですね。

美輪 だから人の不幸は蜜の味でね。

 

江原 当時は本当に…

美輪 初めての経験だから。

江原 はい。自分自身のことも含めてですが、子どものこと…

美輪 子どもさんが学校でいじめられたりしてるんでしょ

江原 色々と貫くのは大変でした。私自身がぐらつくんでね。

関連記事:子どもを持つ親が絶対にしてはいけない事とは?

 

ナレ 理不尽な中傷を乗り越え江原さんがたどり着いた確信。それが2年間沈黙していた理由でした。

 

美輪 ここのところ2年ぐらいテレビ避けてらしたのはそういうことで?

江原 それはありましたけど、これはホンネ日和なので申し上げちゃうんですが、「死」ひとつ見つめるでも、死後の世界とか考える上でも、やっぱり愛する人を失っている人が考える人が考える死と、そういう感覚が無い人の死の受け止め方が違うから。そうするとやっぱり揶揄する人の気持ちも分かるんですよね。知らないんですよ。それはその人たちの人生観に関わるから。だから、ただただみんなに分かれって言っても無理だと思うし、だから私は2年間テレビに出ないって言っても、敢えてでないというよりも、静かに私はすっと自分の使命を…

美輪 ただ王道を歩いているというだけね?

江原 はい

美輪 それが何よりなんですよ。

 

美輪さんの揺るがない信念はどこから来てるの?

ナレ 江原さんはまさに自分の進むべき道を見つめなおしていたのです。一方いついかなる時も信念が揺らぐことのない美輪さん。一体なぜなのか?その強さの秘密を知ることが、この日、江原さんが語り合う最大の目的でした。

 

今一番話したいことは?

江原 やっぱり私は信念についてだと思いますね。今はこういう時代ですし、信念をもって生きるって大変な時代じゃないですか。信念ってどうやって出来上がるのか?そんなことを伺ってみたいですね。

 

ナレ その答えは深い霧に包まれた美輪さんの壮絶な人生の中から導き出されることになります。

 

江原 美輪さんはどうしていつも平然って言うか、泰然自若としていられるのか。例えばこうやってお話してても、私の方がドキッとするぐらい絶対に揺るぎませんでしょ?ご自身の信念は。

美輪 あなたは素人さんの家庭で、お父様を早く無くして母親とおばあちゃんに育てられて。そういうご苦労はあったけれどしょせん素人さんのご家庭でしょ。

 

ナレ 幼くして相次いて両親を失った江原さん。しかし美輪さんにとってそれはそれほど特別な環境ではないと言います。

 

美輪 ところが私は海千山千の玄人の水商売の中で育っているから、ありとあらゆるタイプの人間を老若男女見ているから。

 

ナレ 美輪さんが生まれ育ったのは長崎。戦前、遊郭外として栄えた地域でした。日々もつれ合う男と女をまじかで見ながら過ごしていたと言います。

 

美輪 昼間こうやって威張ってね。政治家や何かみたいにこうやっているような人が、ホステスさんのスカートの中に手を入れたり頭を突っ込んだり、ひっぱたかれてビールをかけられてへらへらしてるでしょ。

江原 (笑)

美輪 そうすると昼間の権威が全く通じなくなっちゃうの。それで農家の娘さんが売られてきてだんだん凄い女になって、純情だった女がすれっからしの女になっていくとか。(男を)手玉に取るようになったりとか。男女のいろんな悲喜劇。そういう人間の一番の恥部を見るところから出発してるから。だから「なんぼのもんじゃい」というのがあるんですよ。

江原 おいくつの時からですか。

美輪 もう小さい頃から、物心ついたときからですよ。

江原 もうそれを見てるわけですか窓越しに

美輪 見てるのよ。セックスしている最中もエッチしてるのも見てるわけでしょ。そうすると立派な服装の人が裸になるとみっともない情けない裸だったり、貧しい服装の人が裸になると立派な体だったりするわけですよ。そうすると着ているものって何なの?昼間の権威は何なの?「なんぼのもんじゃない」って思うよになって。だから揺るがなくなったんですよ。

関連記事:子どもの頃の特殊な習い事ついて語る 

 

美輪 私を攻撃している人いるじゃない?

江原 はい

美輪 攻撃している人の家族の歴史。その本人の歴史。その出版社の歴史。そういうものが日本の歴史の中でなんぼのもんで、私の人生にどれくらいの影響を与える力を持っているのか。そういうのを多角的にずっと見ていくわけですよ。そうしたら屁みたいだなと思っちゃうんですよね。

江原 なんとも思いませんか?やっぱり。

美輪 思いませんよ。

 

ナレ 物事を冷静に見る目と動じない心。それが美輪さんの強い信念に繋がっていたのです。

第3回につづく)

ホンネ日和』2011年10月9日放送分より

この続きは次のリンクから読めます。

miwa.hatenadiary.com

この記事を気に入った方におすすめのエントリー

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

スポンサーリンク