読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏】オバマ大統領の広島訪問について語る

f:id:motsurima:20161202130713j:plain

 

今日はオバマ大統領の広島訪問についてちょっとお話させていただきます。

 

先月5月27日の訪問から1か月たちましてね。で、わたくし前から思ってたんですが、大統領だとか、大臣であるとか、首相であるとか、総理であるとかね。そういう風なものをつけて呼ぶのはやめた方が良いと思うんですね。人間ですから。

 

ですから総理、総理って言ったり、それから何とか大臣と(呼ぶと)その気になっちゃうんですよ。権威を持たせちゃうんですね。

 

でもこのオバマさんという人は、謙虚でね。自分が一番偉い、大統領ってふうに思っていなくて。その上に神や仏とかね。目に見えない権威がいるってことを常に頭に入れてる人なんじゃないかと思うんですよね。

 

ですから、わたくしこの広島訪問でみえた時も、政治的な意味じゃなくて、人間としての気持ちの発露に見えたんです。わたくしはそれにとても好意を感じましたね。

 

アメリカ大統領として初めて見えたわけでしょう。しかも謝るんじゃないかとか。原爆落としのたのは早く戦争を終わらすために必然だったというふうに。というのは日本の軍部が当時、馬鹿でしてね。生きて恥を受けるより全員突撃して、一億火の玉で、一人残らず戦い抜いて死ぬんだって。自分勝手に人の命を何だと思っていやがる!

 

馬鹿な軍部の連中がとにかく広島に落とされる段階の、その前から降参していればよかったんですよ。そうしたら多くの南方の方で死んだ兵隊さんたちも、我が国に命をささげた本当に尊い軍人たちも死なないで済んだんですよ。

 

ところがそれを突っ張っちゃって、突っ張っちゃって。ですから、その悪い軍部のような連中に権威を持たせちゃダメですね。

 

だからそういった点、オバマさんは穏やかでしたよね。そうしてあの原爆の生き残りのお年を召した方と抱いて、ハグしながら、一生懸命優しい気持ちで。

 

あれは、だから、外交だとか、政治的な計算が合ってやってるんじゃないのは、もう雰囲気と目の光でわかりましたよね。とっても素敵でしたよ。

 

それで長崎にも来てほしかったという方も多いけども、まあスケジュールやいろんな都合で来られなかったんですけども、気持ち(が重要)ですからね。

 

ただ、残念だったのは資料館。あれは全部隈なく見てほしかったですよね。そうするともっと、いろんな感銘を与えたと思うんですけどね。

 

まぁ何はともあれ来たということだけでも、大変な進歩だったと思いますよ。

 

それについてアメリカの方で、うんと反対運動なんて起きなかったということは、あぁこれは結構なことだとおもいましたね。

 

ではその後のヒラリーさんとトランプ。あのトランプという人を担ぎ上げた人たちって言うのは、アメリカの恥をさらしているような気がしますね。

 

とにかく困ったものだと思いますけどね。

 

TBSラジオ美輪明宏 薔薇色の日曜日』2016年6月26日放送分より

この記事を気に入った方におすすめのエントリー

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

スポンサーリンク