読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏】エリザベス・テイラーについて語る

芸術 芸術-映画

f:id:motsurima:20130111191329j:plain

今日はハリウッド黄金時代の大女優、エリザベス・テイラーについて話せということでございますので、戦後から大活躍で、大好きでよく見てたんですけどね。

 

いろんな逸話のある人で、キャメラマンにマスカラを塗りすぎだって言われて注意されたら、いいえ縫ってませんって、つけまつげのつけすぎだって言われたら、いいえって。それが地毛だったって言うんですね。

 

まつげが真っ黒で、髪の毛も真っ黒で、もともとはイギリス生まれで1934年生まれで、わたくしより3つ上なんですね。それで2011年79歳で亡くなったんですけども。

 

映画としては『若草物語』っていうジューン・アリスンっていう女優が主役でしたけども、その中の兄弟の一人として、洒落で、鼻を高くするんだって、洗濯バサミを鼻につまんで寝る。そういうお嬢さんの役で出ていて。

 

あとはモンゴメリー・クリフトという男優さんと出ていた『陽の当たる場所』あとは『クレオパトラ』。これはもう大変な大掛かりで、経費がかかって大変だったそうですよ。

 

で、『バターフィールド8』という映画。これは高級コールガールの映画で、アカデミー翔を獲ったんですね。『バージニア・ウルフなんて怖くないって』これは珍しく生活に疲れた感じの、メイキャップや体重も太らせたりしてね。見事でしたよ。あぁ、これはアカデミー賞もらってもおかしくないなぁと思いましたけどね。

 

そしてなんと、結婚が8回なんですよね。わたくしがちょうどあった時には、8回目の離婚の真っ最中でしたね。車いすに座ってらしたけどもね。ホテル・ニューオータニだったんですけどもね。その時に本当にきれいでしたよ。でも気の毒なことに車いすに座ってましてね。まつげはたっぷりありましたよ。

 

とにかく、あんまりトップに行っちゃうと、何もかも手に入れると、それこそクレオパトラや何かみたいに、エライ目にあうんですよ。

 

だから人生腹7分ぐらいでね。あんまり美人じゃなくてまぁまぁこぎれいな人ぐらいで、我慢してた方がいいと思いますね。

 

TBSラジオ『薔薇色の日曜日』2016年6月5日放送分より

この記事を気に入った方におすすめのエントリー

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

スポンサーリンク