読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

【美輪明宏】バラとエディット・ピアフについて語る

f:id:motsurima:20161201140620j:plain

 

桜の季節が終わりましたね。全国で今度はバラのお祭りが開催されています。

 

ウチの庭は肥料もやらないし、水もやらないし、ほったらかしなのに、桜が咲く前に梅が咲いて、梅が終わったら桃が咲いて、で、桜が終わったハナミズキが満開で、そしてボケが咲いたり。

 

 

花盛り。次から次へとバトンタッチしてくれるんですよ。

 

バラは昔はあったんですけど、今なくなりまして、バラはうちの中で年中咲いてます。いろんな方にバラの花を頂くんですね。

 

バラって言うのはフランスでいろんな改良をされて。その改良させたのが、ジョセフィーヌっていうナポレオンと結婚して離婚した、あのジョセフィーヌっていう浮気な女性がいて、いろいろとバラが好きで改良させたっていう。

 

イギリスはバラが象徴みたいになっているけれども、バラについてはいろんな話があって面白いんですよ。ひとつちょっとお調べになってみたら、バラの伝説。

 

今日の音楽はバラにちなんだ曲でございます。『バラ色の人生』(ラヴィアンローズ)。

 

素敵ですね『バラ色の人生』なんてね。オリジナルの曲は、フランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフが歌ってます。1946年の代表曲でございまして、終戦後すぐ出たんですね。

 

エディット・ピアフが華やかだった時代って言われてますけど、この曲によって華やかになったんですね。

 

もともとエディット・ピアフっていうのは、小さいころから、お父さんと一緒に街から街へ、辻から辻へと歌って歩いて、本当に小柄な人なんだけど、ものすごい張りのある大きな声で、マイクがいらないくらいだって言われてましたけど、なぜかって言うと、真冬にどこの家庭も窓閉め切っちゃうでしょ?閉め切っちゃっているのを開けさせるくらいに、窓のすぐそばにいてくれればいいけど、奥の部屋にいる人にも聞こえるようにっていうんで、声を張り上げて歌って、それがだんだんだんだん声量になっていったんですね。

 

そういう非常に苦労した人なんですけど、その人が詞を書いて、その詞は

 

あなたに抱かれて踊ってると世の中が全てバラ色に見えるのよ

あなたのための私の人生、私のためのあなたの人生

私が踊っているとき、あなたはいろいろ語ってくれるけど

いつも同じ言葉ばかり でも私はそれがうれしいの

なぜならあなただけの私だし、私だけのあなただから

 

っていう甘いどうってことない意味なんですけど、これがオードリー。ヘップバーンの映画『麗しのサブリナ』のなかでも、使われておりましたね。

 

皆さま、バラ色の人生でいらっしゃいますか?これを聞くとおまじないが聞くかもしれませんよ。ではおかけいたしましょう。エディット・ピアフの歌で『バラ色の人生』

 

Edith Piaf - " La Vie En Rose " ばら色の人生 (1945) - YouTube

 

TBSラジオ美輪明宏 薔薇色の日曜日』2016年5月8日より

この記事を気に入った方におすすめのエントリー

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

miwa.hatenadiary.com

スポンサーリンク