美輪明宏ラジオの名言

美輪明宏の発言まとめ

芸術-音楽

【美輪明宏】メロディの無い現代の音楽について、高見沢俊彦と語る

この記事は2016年8月7日放送されたTBSラジオ「高見沢俊彦のロックばん」での高見沢俊彦さんと美輪明宏さんの対談を書き起こした記事の第6回です。第5回の記事は次のリンクから読めます。 【美輪明宏】「今の自分は前世の集大成」と高見沢俊彦に語る - 美輪明…

【美輪明宏】『べサメ・ムーチョ』について イギリス人は獰猛な民族?

世界中で一日に流されない日は無いってくらい、流行った歌でございまして、ラテンの曲でコンスエロ・ベラスケスっていう女流作曲家なんですね。南米の方です。この人が作曲したもので『ベサメ・ムーチョ』。「キッスをもっとたくさん」とか「もっと抱擁して…

【美輪明宏】なかにし礼さんとの出会ったころのエピソードについて語る

なかにし礼さんとの出会いは、まだあの方が学生さんの頃ですね。ちょうどお茶の水にシャンソンのライブを聴かせる喫茶店がございまして、そこでボーイさんをやってアルバイトしてる学生さんだったんですね。

【美輪明宏】オペラ歌手ティート・スキーパについて語る

今日はオペラ歌手ティート・スキーパについてお話させていただきたいと思います。イタリアのテノール歌手でございまして、1910年から50年代にかけて活躍したテノール歌手でございまして、私がまだ長崎にいた時にいろんな方のレコードを集めておりまして、そ…

【美輪明宏】フランスの歌手、ジュリエット・グレコについて語る

今日はフランスの歌手、ジュリエット・グレコについてお話させていただきたいと思います。

【美輪明宏】タンゴの魅力について語る

今年は日本のタンゴ伝来からちょうど100年の年だとか。タンゴというリズムの曲ですね。「♪チャッチャッチャッ ズザチャッチャッチャッ ズザチャッチャッチャッ…」ってのがタンゴなんですね。「♪ズンダッタ ズンダッタ ズンダッタ…」これがワルツです。「♪ト…

【美輪明宏】最近のレコードブームについて語る

さてさて、まだまだ芸術の秋でございますけれども「秋深し となりは何を する人ぞ」。秋は色んな歌もございますし、芸術にふさわしい秋なんですね。汗が出ませんからね。 私とっても嬉しいニュースを聞いたんですけど、なんでも最近の若い人たちの間で、レコ…

【美輪明宏】月にちなんだ曲『忘れちゃいやヨ』『Fly me to the moon』について

9月はお月見のシーズンでございますね。今年は9月27日が中秋の名月十五夜でございます。

【美輪明宏】戦後の流行歌、並木路子『リンゴの歌』について語る

今日は楽しいですよ!戦後の流行歌をお届けしましょう。後ほどおかけいたしますけどね。

【美輪明宏】作詞家、北原白秋について語る

さて今日は1月25日。私も大好きな日本の偉大な詩人で同様作家、北原白秋の生誕130年の記念日でございます。素敵な叙情歌の歌詞をたくさんお作りになった方ですよ。

【美輪明宏】ファドの女王、アマリア・ロドリゲスについて語る

今日はお若い方はご存じないでしょうね。ポルトガルの国民的歌い手でございまして、日本で申しますと、かつての(美空)ひばりちゃんみたいなもんですかねぇ。アマリア・ロドリゲスっていう歌い手さんがいまして、歌うのは民謡なんですね。この方は1950年代…

【美輪明宏】美空ひばりに頭を下げさせた大作曲家、古賀政男について語る

さて今日は私も大好きな偉大な作曲家、古賀政男さんについて、お話させていただきたいと思います。お若い方はご存じないでしょう?全然ご存じないと思いますよ。

【美輪明宏】今のJ-POPにはない昔の童謡の魅力について語る

最近、学校では昔の童謡を教えてくれないそうですね。先生方が知らないみたいなんです。だって、子守唄って言うのは人間の歌の根本でしょ?母親に抱かれて「♪ねんねんころりよ~ おころりよ~」って情を込めて、添い寝して歌ってやると、それが五臓六腑にし…

【美輪明宏】滝廉太郎について語る

今日はみなさんご存じの日本の偉大な作曲家をご紹介いたしましょうね。「♪春のうららの 隅田川」、ご存じでしょう?「♪箱根の山は天下の剣 函谷関もものならず」こういうものをお作りになった偉大な作曲家をご紹介いたしましょうね。滝廉太郎と申します。

【美輪明宏】デューク・エリントンについて語る

今日紹介するアーティストは、デューク・エリントンでございます。ただしこの「デューク」というのはニックネームなんですね。デュークというのは、貴族の位で言いますと、一番上の侯爵という意味なんですね。

【美輪明宏】ショパンが被害妄想によって作り上げた曲?について語る

今日おかけいたしますのは、ショパンの曲でございます。ショパンはピアノの詩人と言われてるように、メロディックなものが多いんですね。これだけ、古賀政男さんみたいにメロディラインが豊富に出てくる作曲家さんて、他に例がないんですね。

【美輪明宏】ピアノコンクールは調律師のためにある?

今日は、久しぶりに素敵なピアノ曲をお届けしたいと思っております。ピアノと申しますと、いろんな楽器の王様だとか、いろいろ言われています。けれども、バイオリニストの人たちは、ストラディバリウスなんて名器があるから、バイオリンこそ楽器の王様だっ…

【美輪明宏】イタリアのテノール歌手、ジュゼッペ・ディ・ステーファノについて語る

今日はわたくしの大好きなオペラ歌手を紹介させていただきたいと思います。ジュゼッペ・ディ・ステーファノという男の方で、声のキーはテノールで。テノールでも、いろんなテノールがいるんですけど、この方はだいたい何でも来いなんですね。オペラから民謡…

【美輪明宏】2017年公演詳細とクラリネット奏者。ベニー・グッドマンについて

公演の概要をお伝えいたしますと、『近代能楽集』より『葵上・卒塔婆小町』は2017年3月26日日曜日から4月16日日曜日まででございます。新国立劇場、中劇場で上演されます。チケットは今日からローソンチケットなどで販売されます。

【美輪明宏】ロック界の人々との交流について語る

では、皆さまからのお便りを例によってご紹介させていただきたいと思います。 いつも楽しくラジオを聞いています。ラジオネーム、あだちのもとえ、と言います。わたくしは美輪さんはお嫌いかもしれませんが、ロックをよく聞きます。 ごめんなさい。全部が全…

【美輪明宏・吉井和哉対談①】イエローモンキーの時とソロの時の違いについて語る

(吉井)また、いっぱい怒られそうだな、フフッ 美輪さん、登場 (吉井)どうも、今日はお忙しい中、どうもありがとうございました。 (美輪)どういたしまして。 (吉井)先日246(号線)で車で偶然お会いして (美輪)そうなの。すれ違ってね (吉井)もう…

【美輪明宏】ラテン・ミュージックの魅力について語る

そのころの音楽って言うのは、メロディが美しいし、リズムがいろんなリズムがありまして。今はほとんどのどの曲を聴きましても、今の歌い手さんたちのは、メロディもリズムも全部同じ均一でおもしろくともなんとも、血沸き肉躍るっていうところが無いじゃあ…

【美輪明宏】ブラジルの音楽について語る

いよいよこの夏、ブラジルでオリンピックが開催されますね。ブラジルと申しますと、わたくしイメージではリオのカーニバルとか、サンバとかそいういうものですけれども。みなさんいかがですか。

【美輪明宏】50年前のビートルズブームについて語る

聞くところによりますと、何でも今週の6月29日でビートルズの来日からちょうど50年になるそうですね。早いものです。ついこの間のような気がしたんですけどね。

【美輪明宏】バラとエディット・ピアフについて語る

桜の季節が終わりましたね。全国で今度はバラのお祭りが開催されています。 ウチの庭は肥料もやらないし、水もやらないし、ほったらかしなのに、桜が咲く前に梅が咲いて、梅が終わったら桃が咲いて、で、桜が終わったハナミズキが満開で、そしてボケが咲いた…

【美輪明宏】NHKのスタッフの優秀さについて語る

NHKは、わたくしも子どもの番組で今年一年間ずーっとお天道様の役で出て、みわさんという太陽の役なんです。夜は三谷幸喜さんの『真田丸』も大宣伝して、まぁ好調のようですけど。

【美輪明宏】思い出の曲『埴生の宿』について語る

ごきげんよう。美輪明宏がお送りいたします『薔薇色の日曜日』の時間でございます。(2016年4月17日放送) 今日はまぁ楽しい思い出なんですけどね。歌手デビュー前に、小学校中学校で歌っておりました思い出の曲を皆様にご紹介させていただきたいと思ってお…

【美輪明宏】ベートーベンの『田園』について語る

今日は春らしい、クラシックの名曲をご紹介したいと思います。ご存知の方も多いと思いますよ。曲はベートーベンでございます。

【美輪明宏】ペリー・コモについて語る

今日はちょうど秋晴れのシーズンではありますんで、バラの歌をお届けいたしましょう。

【美輪明宏】プロ歌手としての原点を語る

わたくしのプロ歌手としての原点、と言いますと、進駐軍のキャンプ周りでアルバイトをしてたんですね。それでショーをやるんですね。わたくしもプロというものがどういうものか分かって無くて、それまで日本に、おしゃべりをして、曲の紹介もやって踊って歌…

【美輪明宏】『うす紫』という曲の由来について語る

今日は宮沢賢治のお話をさせていただいた。ついでに乗っかってという話じゃございませんけれどもね。抒情的な秋にまつわる私の歌を聴いていただきたいと思います。 お聞きいただくのは、わたくしの作詞作曲で『うす紫』というタイトルでございますけど、これ…

【美輪明宏】音楽会のタイトルを変更した理由について語る

今年の秋も、芸術の秋でございましてね、食欲の秋でございますけど。私、年のせい食欲があまりございませんで、でも芸術の秋ということでは張り切っております。

スポンサーリンク